一難去ってまた一難

ややこしさは順繰りに

どうも、お盆休みのハードスケジュールに身体がもつのか不安でたまらない、さやかわさやこです。

夏休み、朝から晩まで兄弟喧嘩がすさまじく、心身ともに疲弊しておりますが、今一番ややこしいのは次男です。

思い返してみると、1人が落ちつくと、1人がややこしくなり…みたいな感じなので、今回はざっと春から夏にかけての子供達のややこし感について綴ってみたいと思います。

三者三様

まず、春頃1番ややこしかったのは長男です。

二年生になり、クラス替えもあり、長男なりに気が張りつめていたのもあったのかもしれませんが、まぁ、口ごたえがすごかったです。

春も終わり夏らしくなってきた頃には、クラスの雰囲気に慣れたのか、口ごたえや反抗的な感じはだいぶ落ち着きました。

はぁ、やっと長男が落ちついたわ…と思ったら、次にややこしくなったのは末っ子長女でした。

インスタグラムでも、イヤイヤガールについて色々描きましたが、これはなかなかのきつさでした。

しかし、そんなイヤイヤガールも7月の半ばを過ぎたあたりからでしょうか。

イヤイヤも後追いもほとんどなくなり、今では私のガミガミ攻撃に「はいはぁーい、わぁーったわぁーった」と適当に返事をしてかわすスキルまで身につけております。

出口のないトンネルから抜け出せた気がして、ほっとしていたのも束の間、次にややこしくなったのは次男であります。

夏休みということで、長男と過ごす時間が多いせいもあるのでしょうが、まぁ、些細なことでチクリチクリチクリまくり。

んなこと、どーでもいーやろが!!っとブチ切れてしまう私ですが、次男からしたら、長男と末っ子長女に挟まれて色々ストレスもあるのかもしれませをん。

 

一難去ってまた一難。

次は誰がややこしくなるのやら。

Advertisement