公園に行った話。

公園に行ってきました

どうも、春だからかなんなのか、一日中眠いさやかわさやこです。

先週末は暖かく良いお天気だったので、公園に行ってきました。

バタバタと案の定軽くパニックになりながら、弁当作り。

インスタ映えしない弁当を持っていざ出発。

 

次男らしい発言

公園に到着して、小一時間ほどしてから、弁当を食べました。

すると次男が、ニコニコ笑いながらこんなことを。

 

 

なんたる母親キラー。

また弁当を作って公園に遊びに行きたくなるではありませんか。

やるな、次男よ。

怯える長女

お弁当を食べたあと、フリスビーやらなんやらで遊んでいたら、長女がなにやら怯えた顔をして、「あこあい、あこあい…」と言って、とてとて私の方に歩いてきました。

「あこあい」=「あぁ、こわい」という意味なのですが、「あこあい」を連発。

「あっこあっこ」と抱っこをせがんできます。

長女が怯えていたのはこちらでした。

 

 

こんな絵に描いたように影に怯える子がいるのかと、なんとも微笑ましい気持ちになりました。

 

荒んだ私の心にも、そのピュアさが欲しいです。

 

私も影に怯えてみよっかな。

 

帰りがけに

公園からの帰りに、晩御飯の材料を買いにスーパーへ。

公園帰りは毎度ぐったりなので、極力お手軽なメニューにしたくてたまりません。

この日は、なんとなく思いつきで、青椒肉絲と豚しゃぶサラダ、ほうれん草のバターソテーにしました。

長男に晩御飯はなにかと聞かれたので、青椒肉絲と豚しゃぶサラダとほうれん草のバターソテーだよ、と答えると、長男から耳を疑う一言が。

 

まさかの一言に一瞬思考がフリーズ致しました。

長男にとってのおかずって一体…

 

疲れ切っていたので、深くは追求しませんでしたが、また機会があれば長男の考えるおかずについて聞いてみたいなぁと思いました。

 

Advertisement